toggle

SEVEN BY SEVEN

 

SEVEN BY SEVEN POP UP EVENT

 

期間:9/19(土)〜9/27(日)

場所:st company kiryu 1Fギャラリースペース

 

SEVEN BY SEVEN特集記事はこちらから

 

 

st company kiryuよりSEVEN BY SEVEN POP UP EVENTについてのお知らせです。

 

 

今回のスタイリングでは、メンズライクでのご提案となります。

カジュアルな組み合わせではありつつも、クセあるアイテムでまとめたスタイリングです。

 

 

ジャケットはニードルパンチという面白い手法で作られた生地です。

こちらのジャケットは、表地がホワイトデニム、裏地がチェック柄のウールです。

表から剣山の様な針で刺し裏地の柄を表地であるデニムに持ってきて柄を出しています。

この一手間により、毛羽立ちが色の柔らかさを生むとともに、デニムの硬い生地感がハリのある存在感のあるシルエットを生みます。

全体的に大き目な作りになっていますが、女性にも大きめのサイズで楽しんで頂きたいです。

袖を少しまくって頂くと、抜け感も出てポイントになりますし、自分なりに着崩して馴染ませて頂くと良いと思います。

 

 

 

こちらのTシャツはヴィンテージのお土産Tシャツに下田昌克氏デザインの刺繍が施されたTシャツです。

ヴィンテージのお土産Tシャツ自体も凝ったプリントがなされており、ヴィンテージ的な面白さもあります。

プリントにカラーが入っている分、刺繍は白黒で構成し、バランスのとれたアイテムです。

ゆったりと1枚でも、インナー使いでも目を惹くオススメの一着です。

 

 

 

ボトムスは再構築のデニムパンツになります。

シルエットとしてはかなり細めのスリットが入ったフレアで、古着を基にしたアイテムの為、1つ1つ個体差があり味わい深い雰囲気となります。

定番のデニムは大きめのワイドですが、シルエットの違いもそれぞれの好みで選択が出来、キレイなシルエットを演出してくれます。

細いボトムスでスタイリングを組んでみると、だいぶ印象が変わり、このスタイリングの場合にはフレアのスリットがフェミニンさを出し、トップスのメンズライクなアイテムとのバランスを調整してくれています。

再構築のアイテムは、SEVEN BY SEVENの象徴となるアイテムとなるので是非試して頂きたいです。

 

switching blouson – 63800yen

この商品について問い合わせる

 

rework t-shirt – 16500yen

この商品について問い合わせる

 

rework asymmetry jeans – 50600yen

この商品について問い合わせる

 

今回のPOP UP EVENTでは、充実したアイテムでSEVEN BY SEVENの世界観を打ち出しております。

是非店頭にお越し頂き、男性はもちろん、女性にも実際に着て頂きこのブランドの素晴らしさを感じて頂けたら幸いです。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

st company kiryuの公式LINEでは、新作入荷情報を始め、イベント情報やkiryu店スタッフおすすめスタイリングなど、お得な情報をいち早く配信しています。是非ご登録くださいませ。

 

友だち追加 

Sep 22, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, ITEM | Tags:

 

 

SEVEN BY SEVEN POP UP EVENT

 

期間:9/19(土)〜9/27(日)

場所:st company kiryu 1Fギャラリースペース

 

SEVEN BY SEVEN特集記事はこちらから

 

 

st company kiryuよりSEVEN BY SEVEN POP UP EVENTについてのお知らせです。

 

イベント初日となった土曜日にはSEVEN BY SEVENチームにもお越し頂き、多くのお客様にSEVEN BY SEVENの世界観を楽しんで頂きました。

 

 

今回のスタイリングは、イラストレーターの下田昌克氏とのコラボアイテムであるブルゾンを主役として組んでいます。

恐竜の手刺繍が施されたブルゾンは、強いデザイン性がありますが、作りの丁寧さや生地感によりチープさは一切なく、むしろ品良く見えるアイテムです。

 

着てみると見た目に反して幅広い人に馴染むアイテムです。

インナーにイエローのコーデュロイシャツを差し込むことで軽さと可愛さを加え、良いポイントとなっています。

SEVEN BY SEVENのスタイリングでは思い切ったスタイリングをしてみると思いがけない自分の新たなスタイルが見つかり、そこも魅力の一つです。

 

 

バッグには大きく恐竜の手刺繍が施されていて、アームの手刺繍と言いかなりの手間暇がかかったアートピースの様な作品です。

SEVEN BY SEVENの表現の幅の広さが詰まったアイテムです。

 

 

このブルゾンはリバーシブルで着用することが可能となっており、先ほどの雰囲気とは一変し、ポップで可愛らしいテイストとなります。

こちらのワッペンも下田昌克氏の手がけたものであり、アソートで施され1点1点表情が違うスペシャルなアイテムです。

これからの季節で色々なアイテムと組み合わせ楽しんで頂きたいアイテムの1つです。

 

reversible blouson – 184800yen

この商品について問い合わせる

 

corduroy tuck shirts – 27500yen

この商品について問い合わせる

 

denim wide pants – 28600yen

この商品について問い合わせる

 

今回のPOP UP EVENTでは、充実した商品量でSEVEN BY SEVENの世界観を打ち出しております。

是非店頭にお越し頂き、男性はもちろん、女性にも実際に着て頂きこのブランドの素晴らしさを感じて頂けたら幸いです。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

st company kiryuの公式LINEでは、新作入荷情報を始め、イベント情報やkiryu店スタッフおすすめスタイリングなど、お得な情報をいち早く配信しています。是非ご登録くださいませ。

 

友だち追加 

 

Sep 21, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, ITEM | Tags:

 

 

〈SEVEN BY SEVEN POP UP EVENT〉

 

開催期間:9/19(土)~9/27(日)

場所:st company kiryu 1F ギャラリースペース

 

SEVEN BY SEVENの特集記事はこちらから

 

 

st company kiryuよりSEVEN BY SEVEN POP UP EVENTについてのお知らせになります。

 

今回のSEVEN BY SEVENのPOP UP EVENTでは、半袖からコート類まで幅広いラインナップで店頭に並び、

SEVEN BY SEVENの世界観を味わえる貴重な機会となっております。

 

 

SEVEN BY SEVENはユニセックスで展開しており、今回はレディースサイズの展開も多くご用意しております。

ぬけ感のあるメンズライクを女性の方にはお楽しみいただけたら幸いです。

大きめにゆるっと着用して頂くのがオススメで、そうすることにより格好良さがありつつも、女性の持つ可愛さの部分も引き立ち、デイリーに着て頂ける仕上がりになります。

 

corduroy tuck shirts – 27500yen

この商品について問い合わせる

 

tee – 7480yen

この商品について問い合わせる

 

painter pants cotton duck – 28600yen

この商品について問い合わせる

 

 

 

アイテム別に見ればかなりクセのあるアイテムばかりで組んだスタイリングです。

このブランドの面白いところはこういった攻めたスタイリングでもまとまってしまうところです。

やはり上質な生地選び、洗練されたシルエットがこの根本にあり、柄に柄を合わせたり最近の流れではあまり見なくなったスタイリングを可能にします。

SEVEN BY SEVENのラインナップを見るとこういった、まるでサンフランシスコの陽気さを纏う様なパワーあふれるスタイリングをしたくなってしまうはずです。

 

 

こちらのコートは展示会でデザイナーの川上氏がオススメしてくれていたストールが付いたロングコートです。

上質な生地による落ち感が素晴らしく、コートの醍醐味と言える靡きも抑えられているのにも関わらず、どこか古着の持つ野暮ったさを感じるところもあり魅力的なアイテムとなっております。

 

 

落ち感のある生地はストールとして巻くとより渋い仕上がりとなり、雰囲気が変わって映ります。

コーデュロイのパンツで色を差したり、今季のポイントでもあるニードルパンチのボトムスと合わせても面白い仕上がりとなります。

逆にキレイ目のパンツを合わせたり、このコートをメインとして想像を掻き立てられるアイテムでありオススメです。

 

 

こちらの再構築シャツはRoosterKing&Co. とのコラボアイテムで、インラインにある再構築のシャツとはスタッズの使われ方、パッチワークでも違いが出ているスペシャルなアイテムとなっております。

かなり細かく再構築されており、一目で思いのこもったアイテムだと分かりますし、スタッズの存在感もインナーとしても抜群で、スタイルが広がる1枚です。

 

 

 

パンツはレーヨン100%の生地感が作り出すシルエットが絶妙なリラックスパンツです。

太ストライプと色味の組み合わせが、古着のパジャマパンツを思わせるデザインで、外しとしてお使いいただけるアイテムです。

丈をクッションさせて履くことで、より雰囲気が出て、靴も含めて異素材との組み合わせで楽しんでいただきたいです。

 

 

こちらのスニーカーは、MoonstarとSEVEN BY SEVENとイラストレーター下田昌克氏とのトリプルコラボとなります。

SEVEN BY SEVENのシグニチャーであるデニム生地に、下田昌克氏がデザインしたドクロ刺繍が施されたmoonstarならではの履きやすさも備わったスニーカーです。

スニーカーで纏めるという使い方ではなくワンポイントドクロ刺繍で個性を出すという使い方が出来、足元までトータルで魅せられるブランドです。

 

stole coat – 85800yen

この商品について問い合わせる

 

rework studs western shirts – 74800yen

この商品について問い合わせる

 

relax trousers – 37400yen

この商品について問い合わせる

 

mocka – 28600yen

この商品について問い合わせる

 

 

すっきりとしたパンツにボリュームのあるダウンベスト、ニットも敢えてジャスト目で着用し、カジュアルでアメカジ感あふれるスタイリングとなっています。

ダウンベストはアーカイブとなっており今回限定のラインナップとなります。

普段色物を着られない方にもSEVEN BY SEVENではこのスタイリングの様な色を多く使ったスタイリングを是非お試し頂きたいです。

このブランドならではの色や柄の楽しみ方を生地感や美しいシルエット、バックボーンを通してご堪能いただけます。

 

こちらのダウンベストは、程よいボリュームはありつつも着膨れを感じるほどではなく、ちゃんとファッションとして楽しめるダウンを提案してくれています。

肩の収まり方、首回りのボリューム、丈感。この3つが絶妙なバランスを生み出し、幅広いアイテムとの組み合わせを可能にしています。

着用すると体全体の収まりも良くポケットに手を入れただけで様になります。

アームホールも大きく中に色々着込めるのでスタイリングの想像が膨らみ、レイヤードの主役級のアイテムです。

 

 

こちらもブランドを象徴する「再構築」シリーズのデニムパンツです。

細めのすっきりとしたシルエットで、少しづつ変わりゆくトレンドに近い形だと思います。

太めのパンツが多い方には、再構築かつ細めの作りは面白さもありオススメの1本です。

アメカジに近づけてニットの合わせはもちろんのこと、キレイ目にしてテーラード系のかっちりとした合わせでも好相性です。

 

down Italian vest – 173800yen

この商品について問い合わせる

 

crew neck mohair border knit – 33000yen

この商品について問い合わせる

 

rework denim trousers – 66000yen

この商品について問い合わせる

 

mocka – 28600yen

この商品について問い合わせる

 

 

インラインで今季の象徴となるニードルパンチのシャツと、イラストレーターの下田昌克氏とコラボしたキャップとパンツの組み合わせたまさに20AWのSEVEN BY SEVENを象徴するスタイリングです。

 

 

キャップはコーデュロイ生地に下田昌克氏がデザインした虎が刺繍されています。

虎柄がSEVEN BY SEVENになっているというユニークのあるデザインで生地感も相まって、スタイリングに可愛らしさを加えてくれるアイテムです。

アイテムとしてそこまで大きめに作られていないので、女性にもオススメしたいアイテムです。

 

 

たくさんの色で構成された味わい深いこの生地は、中々面白い手法で作られています。

無地の生地1枚と裏地に色のある生地を縫い付け、表から剣山の様なもので刺して裏地の生地を表に持ってくるという何だか効率の悪い様な、大胆というか驚かされる方法なのです。

その敢えて1枚を超えて出る色味がこのなんとも言えない雰囲気を作り出しています。

こういった生地の使い方1つ取っても、SEVEN BY SEVENの尋常ではないもの作りの姿勢が見えてきます。

 

 

ドクロの刺繍はセットアップだと強すぎてしまいますが、単体で使えばかなり可能性が広がるアイテムであり、実際にこのスタイリングでも柄に柄を当てる形となっていますが綺麗に収まっています。

また、ペインターパンツがベースになっているのも良く、ペインターパンツ独特のディテールがドクロ刺繍をより引き立て味を出しています。

キレイ目のアイテムが好きな方にこそ、ご自身のクローゼットに加えて頂き化学変化を生み出して頂きたいです。

是非様々な系統の方に試して頂きたいし、良さを感じて頂きたいアイテムです。

 

corduroy cap – 13200yen

この商品について問い合わせる

 

open collar shirts – 41800yen

この商品について問い合わせる

 

washed denim painter pants – 52800yen

この商品について問い合わせる

 

今回はSEVEN BY SEVENの素晴らしさを大ボリュームでお伝え出来たかと思います。

SEVEN BY SEVENの服はどれもワクワクさせてくれて、どんな着こなしをしようか心踊るアイテムばかりです。

初めての取り扱いからイベントをさせて頂きst companyとして皆様にお伝えできるのが楽しみで仕方ありません。

 

9/19(土)のイベント初日には、デザイナーの川上氏にも店頭にいらっしゃいます。

 

またとない機会となりますので、是非店頭にてゆっくりとSEVEN BY SEVENの世界観をご堪能頂けたらと思います。

皆様のご来店スタッフ一同心より楽しみにお待ちしております。

 

st company kiryuの公式LINEでは、新作入荷情報を始め、イベント情報やkiryu店スタッフおすすめスタイリングなど、お得な情報をいち早く配信しています。是非ご登録くださいませ。

 

友だち追加 

Sep 18, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, ITEM | Tags:

 

 

st company kiryuよりSEVEN BY SEVENのアイテムラインナップについてのお知らせです。

 

SEVEN BY SEVEN特集記事はこちら

 

〈SEVEN BY SEVEN POP UP EVENT〉

開催期間:9/19(土)〜9/27(日)

 

 

野暮ったさもありつつ美しさも感じるブランドの魅力が詰まったスタイリングです。

SEVEN BY SEVENは古着という軸があるブランドです。

デザイナーの川上氏は、20代の大半をサンフランシスコで過ごし、ジャンル、状態問わず様々な古着に触れられてきました。

その経験から来るこのブランド独特の雰囲気を年齢、性別問わず楽しんで頂きたいです。

 

 

こちらのシャツはブランドを象徴する「再構築」のシリーズです。

古着のウェスタンシャツ2枚を組み合わせた1点1点表情が違うアソートのアイテムです。

サイズ感も違う2枚を組み合わせていますが、フィット感は良くデザインとしても個性的です。

使用感や汚れは、古着のアイデンティティーですが、キレイなシルエットで良いバランス感があり、程よい個性に変えてくれています。

1枚はもちろんインナーとしても存在感を放つオススメの1点です。

 

 

こちらのパンツはコットンダックというかなり固めの素材となっています。

その固さが、すっきりと綺麗なシルエットを作り、ベースにあるペインターパンツとの対比の面白さを表現しています。

色味の出方もシルエットも綺麗なパンツなので、スエットで緩く合わせても、テーラードでかっちり収めても良く、広いスタイルで合わせられる万能パンツです。

こんな綺麗な白パンツ、探されていた方多いのでは無いでしょうか。

 

rework asymmetry shirts – 46200yen

この商品について問い合わせる

 

painter pants cotton duck – 28600yen

この商品について問い合わせる

 

〈21ss先行販売アイテム〉

 

今回のPOP UPで特別に21ssアイテムの一部を先行で販売させていただけることになりました。

 

20AWに引き続きイラストレーターの下田昌克氏とのコラボレーションアイテムとなります。

 

 

架空のおみやげ屋さんで売られているアイテムを下田昌克氏がデザインしたコレクションです。

ブランド名であるSEVEN BY SEVENが溶け出しているようなデザインで、発泡プリントが施されています。

シンプルながらこの発泡プリントの立体感によりインパクトのある仕上がりになっています。

 

tee foam printting – 7480yen

この商品について問い合わせる

 

tote bag foam printting – 6930yen

この商品について問い合わせる

 

SEVEN BY SEVEN POP UP EVENTの情報をInstagramやこちらのブログにて発信していきます。

他にも色々な内容をご用意しておりますので楽しみにお待ち下さい。

 

st company kiryuの公式LINEでは、新作入荷情報を始め、イベント情報やkiryu店スタッフおすすめスタイリングなど、お得な情報をいち早く配信しています。是非ご登録くださいませ。

 

友だち追加 

Sep 14, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, ITEM | Tags:

 

(さらに…)

Aug 30, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, TOPICS | Tags:

 

 

こんにちは、st company kiryuの内藤です。

yoshiokuboに続いて、20AWではSEVEN BY SEVENの取り扱いもスタートします。

 

<SEVEN BY SEVEN>

かつてゴールドラッシュに沸き、ヒッピーやビートニクといった思想文学を育み、またストリートをアートの舞台に押し上げたカルチャーの街としても知られるサンフランシスコ。

デザイナーの川上淳也氏は20代の大半をその街で過ごし、古着の倉庫に通う日々の中で出会った様々な人種の人間たちの自由な強さに影響を受けました。

帰国後、その時の体験をもとに少しずつ自身の表現を始めます。古着の解体から再構築、また当時出会った人々の自由なパーソナリティを込めたデザインはやがてSEVEN BY SEVEN(同地の愛称)としてブランド化していきました。

ルーズに着崩されたスタイルはサンフランシスコの気風でもあり、ワークウェアの持つタフさは野暮ったい美しさでもあります。

(公式ホームページより引用)

 

SEVEN BY SEVEN 20AWのルックはこちら

 

 

SEVEN BY SEVENは「古着であって古着でなく、現行であって現行でない」

 

基本的にはシンプルなアイテムが多く、上質な生地と高い技術力によるテキスタイルデザインや美しいシルエットが魅力の1つです。

また、ワークウェアの雰囲気やアメカジらしい明るい色使いにより、野暮ったさを色濃く演出しています。

この上品さと野暮ったさを同居させるデザインこそがこのブランドの世界観を作り上げ、多くの人の心を掴んでいます。

 

 

「古着であって古着でなく、現行であって現行でない」ということはどういうことなのか。

 

 

色んなブランドで古着の解釈は行われていますし、最近は特にその流れが強いように感じます。

SEVEN BY SEVENが作るデニムジャケットはその解釈の仕方が面白いです。

 

古着においてはデザイナー川上氏の絶対的なバックボーンがあり、それを支える高い技術力がこのブランドの軸にあります。

 

大き目のサイジングと絶妙な加工により古着の持つ雰囲気がありつつ、こだわりのある生地選びにより品のある表情も覗かせます。

生地1つとってもオリジナルのものもあれば、100年前のデッドストックの生地を使っているものもあります。

細部からヴィンテージを感じ取れる、野暮ったさを楽しめるアイテムの数々です。

 

 

もう1つこのブランドを語る上で欠かせないのが、再構築のアイテムです。

 

 

こちらは再構築のアイテムの中でも定番的なアイテムです。

古着のウェスタンシャツ2枚をそれぞれ3分の2枚ずつに裁断し、組み合わせたシャツです。

古着のシャツから作っている為、色味や傷など1つ1つ違いがあります。

左右で色のコントラストがあったりと、一味違うスタイリングを楽しめます。

 

 

SEVEN BY SEVENの魅力の全ては写真では伝わりません。

このブランドだけが生み出す、雰囲気がポイントです。

古着の顔を持ち、現行の顔も持つ。

他のブランドや古着とも相性が良くメインにも脇役にもなれる万能さ、着心地も抜群で長く着ていきたいと思わされ、着れば着るほど愛が深まるアイテムたちです。

 

 

最近アパレル業界ではサスティナブルがキーワードとなり色々なところがそれを謳っています。

SEVEN BY SEVENは確かに古着を材料にして新しい服を作ったり、デットストックの生地を使っているので、サスティナブルと言えます。

ただこのブランドはサスティナブルを求めてのファッションではなく、ファッションを求めてのサスティナブルなのです。

かっこいい、ずっと着ていきたいと思える服が結果としてサスティナブルに繋がっている。

服好きにとってこんな素敵なことはないのではないでしょうか。

 

 

SEVEN BY SEVENの展開は9月中旬を予定しています。

st company kiryuのInstagramで告知をしますので、楽しみにお待ちくださいませ。

 

店頭でお会いできることをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

Aug 30, 2020 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS, TOPICS | Tags: