toggle

NEWS

doublet 21’AW / ”TIME AFTER TIME”

by Jul 12, 2021

 

doublet 21’AW コレクションのご紹介です。

 

 

 

シーズンテーマは、

”TIME AFTER TIME”。

時のあとの時。

同名のタイムトラベル映画のように、幼少期まで記憶を戻してタイムスリップ。
赤ん坊の頃に着てた服、幼稚園に身につけて通っていたもの、小学生の頃に好きだったTVや集めていたシールやおもちゃ、憧れていたアイドルからのインスピレーション。
そして、昭和の時代、祖父母や親から何度も聞かされていた「もったいない」という言葉。

 

古着のセーターや裁断クズのウールを再生羊毛として蘇らせたスーツ生地や古着デニムを糸にしてもう一度織ったデニム、日本ではウールの原毛のゴミを取り除く化炭処理と呼ばれる酸とアルカリの溶液を使用する作業が現在はできないため廃棄されてしまう日本の羊毛を化炭処理をせずにワラなども混じりながら織った純国産のメルトン生地、再生ペットボトルで編んだファーコートなど、捨てられてしまうものを「もったいない」から再利用した素材たち。

再生羊毛の生地耳には原料の文字が織られ、メルトンには牧場の記憶のアップリケ刺繍、再生ペットボトル生地に施したペットボトル型のボタンなど、リサイクル前の記憶をデザインとして配置。

 

昨今の情勢により立ち止まっていた今、ここからまた歩き出していく。
時のあとの時。
これからの未来に向けて。

これは私たちの「再生」の物語です。

 

(プレスリリースより)

 

 

 

doublet 21’AWのルックはこちら

 

 

 

 

昨今の状況下、デジタルでのコレクション発表が相次ぐ中doubletはデジタルの面白い解釈によるとんでもないアイデアのショーを発表。

全てが逆再生のショー。

会場はリサイクル工場にて行われ、ワークウェアとヘルメットをまとったデザイナーの井野将之が登場して、あいさつをするところから始まり、その後はモデルたちが後ろ向きに歩いて後ろ向きに去っていくという演出。

その映像を逆再生すると、モデルたちは普通に歩き、最後にデザイナーが登場するという斬新な映像が完成。

天才的なアイデアによるフジジカルとデジタルをミックスしたショーは、圧巻の一言。

 

 

冒頭でもご紹介させて頂きましたが、doublet21’AWシーズンでは

「もったいない」

からの素材を多用したアイテムが店頭に揃います。

入荷アイテムから1部ご紹介いたします。

 

 

リサイクル素材を使用しつつ、グランジ、フォークロア、アニメーション、ポップアート、など多様な表現が盛り込まれたdoublet特有の価値観。

 

他とは一線を画す解釈の「サスティナブル」で、ファッションを楽しんでいきたいです。

 

doubletの1stデリバリーは、今週末 7/17(土)からスタートしますので、

皆様に店頭でdoubetのコレクションを見ていただけるのを楽しみにしています。

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

Jul 12, 2021 | by | TEL: 0277-43-6308info@stcompany.com
Posted in NEWS | Tags: