NEWS

muller of yoshiokubo 2016AW 展示会 report&interview

by Apr 04, 2016

先日行われたmuller of yoshiokubo 2016 Autumn – Winterの展示会情報をお届け致します。

 

 

 – muller of yoshiokubo 2016 Autumn Winter collection  –

 

テーマは「“Sun and Moon” Barcelona」。

旧市街地と新市街地によって構成される、スペイン・バルセロナ。古き良き時代のクラシック

 

な雰囲気と、新時代を感じさせるモダンなムード。

2つの要素が交差しながら融合している、街の空気感と風景をファッションを通して伝えています。

 

IMG_2138

 

 

デザイナー久保嘉男さんに2016 Autumun Winter collectionについてインタビューをさせて頂きました。

 

 

 

ー 今シーズンのコレクションの中で久保さんのオススメのアイテムを教えて下さい。 ー

 

 

今シーズンでのオススメは、海外の展示会でも人気だったウールのコートです。

素材にこだわり高級感のあるコートに仕上げ、とても思い入れのあるアイテムです。

 

IMG_2140

 

それから今シーズンでは、2wayのドレスワンピースもおすすめです。

今までもノースリーブのドレスを提案していましたが、そのドレスに合わせる羽織を作りたいと思っていました。

そこで羽織とドレスを合体したらどうなるだろうと思い作ったのが2way dressです。

女性の気になる肩回りや二の腕などを綺麗に隠すことができる機能的なワンピースです。

 

mullerofyoshiokubo_2016aw_womens_039

 

 

 

ー 今シーズンのコレクションを作る中でこだわった点はありますか? ー

 

今回のコレクションでは様々なアイテムの裾の始末にあそびをプラスしています。

裾を斜めのラインにしたり切りっぱなしにして、そういった遊び心をエレガントな雰囲気に混ぜ込む事が今シーズンのこだわりです。

 

あとは、mullerでは毎シーズン素材に特にこだわりを持って服作りをしており、

今回の秋冬のコレクションではペイズリー柄のシリーズが特にお気に入りです。

今回のペイズリーシリーズで使用している生地は、わざと生地の裏面を使うことにより、鮮やかな発色を抑えてシックに見えるような工夫をしています。

 

mullerでは生地を見てから服のデザインを決め、その生地の柄や色から派生させたイメージでコーディネートするアイテムを作っており、

生地が服作りの過程でとても重要なインスピレーションとなっています。

 

 

mullerofyoshiokubo_2016aw_womens_004 IMG_2145

 

ー 最後に、世の中の女性にmuller of yoshiokuboのお洋服をどうやって着てほしいですか? ー

 

沢山ある洋服の中で、最後に残る服であって欲しい。

 

mullerでは良い生地を使い、作業に沢山の時間と沢山のこだわりを持って作っています。

女性が日常の中で良い服が欲しいと思った時、そこにmullerがあってほしい。
最後までクローゼットに残るとっておきの服であってほしい。

 

鏡に映った自分が絶対に綺麗に見える服として着てもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 IMG_2604

 デザイナー :  久保嘉男 氏

 

 

 

 muller of yoshiokubo 2016 Autumn Winter collectionは7月より展開スタート予定となっております。

 

商品に関するお問い合わせは各店スタッフまで。

 

 

 

 

 


Apr 04, 2016 | by | TEL: 0277-22-5535pennyrain@stcompany.com
Posted in NEWS | Tags: